72への道@Thailand
シングルへの道改め、72への道。タイで奮闘中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社員旅行 2日目
2日目

トランからクラビへ移動する日です。
その前にトランにある鍾乳洞に行きました。
タイにも鍾乳洞があるんだと思いましたし、うちのスタッフも知らない場所でした。
鍾乳洞なんて、いつ以来だろうという感じです。

LE1

カオコップ洞窟です。
ここは、まず船に乗ります。
小さいボートです。しかも3人までしか乗るなと言って来ます。
この時点では、その言動が全く理解できませんでした。

LE2

川を船で進み、なんかTDLやUSJのアトラクションみたいだなぁなんて、暢気なことを考えていました。
船は先頭と後部に人がおり、オールを使って、手漕ぎで進みます。
洞窟の中にそのまま入っていきます。
しばらくすると、降りろというので降りると、見事な鍾乳洞がありました。

LE3

中を奥へ奥へと歩き、しばらくすると、また川に戻ります。
すでに船は待機していました。
また船に乗ります。
すると、オールを船の中にいれ、寝ろ!というんです。
はぁ!?です。
寝ろって?どういうこと・・・です。

LE4

すぐわかりました。
寝ないと天井にあたるんです。
船は、天井を手で押すように進んでいきます。
自然にできた洞窟ですし、鍾乳洞なので、ところどころに突起物があります。
それにすれたりするのですが、CTスキャンを長時間受けているような感じで、身動きできません。
長さにして、約300mらしいです。
しかし、すごく長く感じました。

ボートに3人しか乗るなというのは寝るので、それだけのスペースがいるということだったというのは、その時に気づきました。
もう、写真を撮っている余裕などありません。

また、借り物ですが、Youtubeに洞窟に入るところから出るまでの映像がありました。
↓ これを見てください。



タイ人のツアコンもいたのですが、彼曰く、一度経験したらもういいです・・・と言っていました。
全く同感です。

興奮が冷めぬまま、クラビへ移動です。
まず、自然に出来たプールを見に行きました。

EP1

EP2

石灰岩でできたもので、国立公園のようです。
看板にはエメラルドプールと書いてありましたが、観光雑誌にはクリスタルプールとなっているものがあります。
水の透明度はすごいです。
欧米人の方も多いです。
ここの入場料ですが、タイ人と外国人は全く違います。
私はスタッフから、タイ語で会話してと言われて、タイ人として入場しました。

ここの近くに露天風呂があります。
クロントム天然露天風呂です。

HS

とはいえ、裸で入っている人は誰もいません。
水着です。
温度は40℃もないと思います。
私的には、足湯で丁度いい感じですが、タイ人は熱い!とか叫んでしました。

日本ですと、石とか利用して、風呂を作っていますが、ここは石灰石でできた自然でできたものがあります。

このあと、クラビにあるホテルに移動し、チェックインしました。
クラビは観光地です。
ですので、トランと違い、欧米人も多いですし、賑やかです。
印象は、イタリア料理が多いですね。
夕食はイタリア料理にしました。

クラビは、自然保護に力を入れており、マリンスポーツを禁止にしています。
パタヤやプーケットとは違いますね。
レオナルド・ディカプリオ主演のザ・ビーチという映画の撮影場所で有名な場所です。
撮影に際し、結構もめたようです。自然保護の関係で。。。

最終日を前にゆっくり休むことにしました。

2日目はこんな感じです。

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 72への道@Thailand all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。