72への道@Thailand
シングルへの道改め、72への道。タイで奮闘中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンコク 今朝は静かです。
今朝のバンコクは非常に静かです。
昨夜も静かでした。

昨日は、政府側が、赤服に対して、集会場15時までに退去勧告を出しました。
そのまま居残る場合、2年の禁固刑以外にテロとして死傷することになると警告しました。出る人に対しては、帰郷の便宜を提供するとも約束しました。
タイのTVでも一斉に放送し、何回かやっていました。
珍しく、英語の字幕まで入っていました。
集会場には欧米人も入っているということですし、それを配慮してかなと思います。
時間前には上空からも警告しました。

ところが、出る人はいません。まず子供だけでもと思いますが、結局地方から来ている人が多い中、子供だけ出ても何もできません。
あと、噂ですが、集会場から出ることによって、赤服内部から危険な目にあうのではないかという不安感です。
赤服幹部は、出てもいいよとは言っています。でも、それは逆に怖いことになりますよの裏返しかもしれません。
あくまでも噂です。

時間も過ぎ、軍による強制排除に向かうと思いましたが、逆にいつもより静かに朝をむかえました。
嵐の前の静けさでしょうか。

日本のニュースでもやっていましたが、赤服達が子供を楯に応戦している映像があります。
タイでも軍がそれを映像とともに発表していました。
こういうこともあるので、軍も思い切ったことができないと思います。

毎日、赤服の集会場では幹部がスピーチをしています。
内容は、赤服は武器をもっていない、暴力はしていない、人殺しは政府側だ!なんて、同じことを言っています。
しかし、高級ホテル(5つ星ホテル)が、RPB(携帯対戦車グレネードランチャー)で攻撃され、宿泊者が避難し、クローズする等、どう説明するつもりなんでしょう。
おそらく、政府がそこから攻撃していたなんて、言い訳するんでしょうね。もしくは、自作自演だとか。

今は、赤服は軍を引き上げれば退去すると言い、政府はまずは退去が先だと言っています。
政府から見れば、一度裏切られていますから、信用できないのでしょう。

あと懸念しているのが、赤服でもなく、単に警官等が嫌いだ!という理由で参加しているやつらです。
こいつらが、暴徒化を悪化させている原因とも言われています。
やりたい放題です。

もう一つ、同じタイにいながら、バンコクに住んでいる人と、地方に住んでいる人では、危機感の温度差があります。
地方に住んでいる人は、大体工場勤務ですが、工場は通常稼動ですし、非常に忙しいと思います。
なので、危機感の温度差がでるのは必然です。
ところが、海の玄関であるレムチャバンが赤服によって道路を閉鎖しようとされています。
こうなると、工場は完全に輸出入が出来なくなります。
2年前、黄服によって、空港が占拠されましたが、個人的に打撃を受けた人は多いものの、企業として打撃を受けたという会社は少なかったと思います。
港は、完全に企業が打撃を受けます。大変なことです。
今日の動きを見ていきたいと思います。


先日の土日はゴルフしています。
一番安全です。何事もないように静かでした。
近日中にスコアをアップします。

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 72への道@Thailand all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。